言葉はあなたを作る

女優は様々な役を演じ、完成された女に近づく。
美しい言葉遣い、立居振舞、教養、美意識。
それが美しい女を作る。
美しい女は、オペラと同じ総合芸術。     美輪明宏

美輪明宏さんの言葉通り、女は女優であり、美しい女を作っていくと考えるのであれば、やはり綺麗な言葉遣いを身につけるべきでしょう。綺麗な言葉遣いは、エレガントで優雅な女性を演出するのにとても効果的です。では、美しい言葉遣いとはどのようにして作り上げていくのでしょうか。

綺麗な言葉遣いをしている人の口調を真似する

やはり、何かを覚えるには真似をすることが一番です。前述の美輪明宏さんでもかまいませんが、美しい言葉遣いをしている人のしゃべり方を真似ることで、その言葉遣いが身についてくるからです。何かを真似だして、それが自分のものとして無意識に出るようになると、それを身に着けたといえると考えます。その期間は個人差があると思いますが、おおよそ3ヶ月程度といえるでしょう。美しい言葉遣いを、はっきりと口に出して修得することが肝心です。

TPOに応じた言葉遣いを学習する

いくら丁寧な言葉遣いになっても、どのようなときにその言葉遣いをすればよいのかが分かっていなければ意味がありませんね。適切な場所で、適切な言葉を使うことが大事です。ですからそれが分からない人は、勉強するしかありません。勉強して、イメージして、声に出す。この3要素が重要です。

感情をコントロールすることで綺麗な言葉遣いを心掛ける

普段あまり綺麗な言葉遣いでない方は、常に綺麗な言葉遣いを意識することが重要です。そのためには我を忘れてしまわないように、常に感情をコントロールするように意識することが大切です。心理学にマインドフルネスという概念があり、これは自分を常に客観的に自分を見つめられるようにできる方法で、グーグルの社員研修などでも実践されているようです。自分を客観的にみつめることはとても難しいですが、それができるようになると自分がどう思われているかということへの考え方も変わり、きっと適切な言葉遣いができるようになると思いますよ。
やはり女性は内面から輝きたいものです。言葉遣いを綺麗なものにして、女子力をあげまくっちゃいましょう!