結婚生活は、結局赤の他人だった二人が何かがきっかけでお互いにとって大切な人ということで、生涯を一緒に暮らす生活形態になります。結婚をすれば夫婦のいずれかが亡くなるまで一緒に生活をしていくということになりますので、二人の性格の相性がとても大事です。仲が悪ければ、一緒に生活することは難しいですよね。つまり、結婚生活を持続させて痛く目には、二人の内面の相性が合うということは絶対に必要なことです。いくら見た目に惹かれたとしても、長くは続きません。

婚活で身なりが大切な理由

ただ、二人が出会うきっかけにという点においては、ある程度見た目というものも大事になります。これは今お話したことをやや矛盾するかもしれません。実際にお互いパートナーとなる場合に、見た目だけでは長続きしません。長い間一緒に生活をしていくということは、いいこともあるかもしれませんが、悪い事あります。長い人生には山あり谷ありですから、そういうときにお互いの心がつながっていなければ、夫婦生活は長く続きません。これは否定はしません。ただ、見た目というのは、第一印象ですから、自分の中身を知ってほしいということで、フォーマルなパーティの席でジーンズはいたりするというのは、社会人としてもルール違反と言われても仕方がありませんし、自分という人間を見出してもらうきっかけとして自分の身なりをきれいにしておくということはとても大事なことです。また、自分の身なりをきれいにしておくということは、婚活をしている上で相手に対してリスペクトしているということに現れと言っても過言ではありません。つまり、婚活をしていく上で、身ぎれいにしておくということは、相手に対してエチケットでもあります。お化粧もそうです。女性がお化粧をするのは、自分をきれいにみせるというよりも、化粧をすることで相手に対して好印象を持ってもらうためです。例えば、自分の顔でも気に入っているところもあれば、そうではないところというのは本人が一番良く知っていると思います。お化粧は自分の長所を高めて、短所を抑える役割がありますので、そうすることで相手への印象も良くなるというメリットが女性の化粧にはあります。実際に婚活をしている上で、初めて相手を知るときに最も有効なのは、視覚情報という調査結果があり、これは相手を知るきっかけとして見た目が男女ともに高いということです。これは、知り合う前には、相手のことは何も知らないんですから、当然の結果だと思います。

オススメの身なり

では実際にどういう身なりを意識することで、相手から目が向けられるようになるのでしょうか。男性から特に人気が高いのは、女性らしさであり、清楚な印象を与える身なりです。具体的にはきちんと感を相手に伝わるような雰囲気を醸し出すようにしましょう。アイテムごとにご案内をしますと、
・洋服は、袖のある膝丈くらいの、シルエットのキレイなワンピースがおすすめ
・足元は5cm程度のパンプス。
・ヘアはナチュラルにセット。
・アクセサリーはシンプルで揺れる素材のおすすめ。
・腕時計はつけましょう。腕時計をつけると、しっかりした印象になります。
・ネイルをするなら、ベージュ、ピンクなど。
・バッグは大きいとじゃまになるので、小さいバッグがおすすめです。

NGな身なり

これとは逆にNGな身なりとしては、逆に派手、若作り、露出過多は絶対に避けてください。間違いなく男性から引かれてしまいます。具体的には、アクセサリーのじゃら着け、濃いメイクやネイルアート、胸元が大きくあいた服、脚・腕が見えすぎる洋服は避けるべきです。日本の男性は特に、セクシーさをアピールすると引いてしまいます。ここで大事なことは、TPOです。そのスタイルにする状況や場所にふさわしいのかどうかということを自問自答しましょう。婚活は自分のいいところ、自分の伝えたいことを伝えて、それを理解してくれる人を見つける場所でもありますので、その点TPOをわきまえた身なりということを強く意識することが、婚活成功の第っぽになります。