相手を尊重する心はとても大事

相手を尊重する心=女子力といっても差し障りがないくらい、女子力の向上には相手を尊重する心はかかせないものです。いくら外見的にキラキラしていても、これがなければ男子のハートの本当のところを射止めることはできないでしょう。よく、彼はすぐにできるけれどもすぐに別れてしまう女子っているでしょう。あれは尊重する心がなくて、それを彼に見透かされたのかもしれませんね。

どうすれば相手を尊重する心を持てるか

では、どうすれば相手を尊重する心を持てるでしょうか。それにはまず、相手の立場になって相手のことを考える習性を身につけることです。あなたはきっと自分本位な方ではないですか?自分本位というのは何もわがまま勝手なことばかりを指すのではなくて、あなたの思考にあなたしか存在していないような状態を指します。相手のことをどれ程に考えていますか?あなたが何かしたから彼がこう動いた、という考え方ではなくて、彼がこうしたからわたしはこうしてあげた、という風に考えてみましょう。これを態度に表すことができるようになると、相手に気遣う、相手のことを考えるということが表現できるようになるわけですが、難しいですね。ですので例を紹介してみます。

自分本位な人

休日に、彼がどこか行きたいところある?というのでショッピングに行きたいと答えた。彼はしぶしぶながらも応じた。嫌なんなら聞くなよと思ったが、ショッピングに行って買いたかった服も買えたのでまあ良しとするか。

相手を尊重できる人

休日に、彼がどこか行きたいところある?と言った。わたしは行きたいところはあるけれど、それは一人でも行けるところだからあなたの行きたいところにわたしは行きたい、と言った。彼は、えー、俺もあなたが行きたいところへ行きたいよ、と答える。本当に?と彼にもう一度聞くと、うん、とうなづいたので、ショッピング、とわたしは言った。彼は快く了承してくれた上に、わたしの買いたい服を買ってくれた。

違い

結果は同じかもしれませんが、印象が全く違いますね。自分本位な人は自分のことしか考えていません。きっとすぐに別れてしまうでしょう。対して、相手を尊重できる人は、彼にきちんと同意を確認しています。それでいいの?と確認することで、ショッピングはあなたの行きたいところに過ぎなかったのが、彼とあなたのどちらも行きたいところになりました。この確認をする行為こそが、相手を尊重することにつながるのです。