婚活をいくら頑張っても上手くいかない、という声を耳にする事があります。一体なんでこの人が婚活が上手くいかないんだろう?と首を傾げてしまう様な美人でも上手くいかないとボヤいている人は実にたくさんいます。その理由を色々と聞いている内に分かったのですが、婚活が上手くいかない人はどうやら理想が高すぎる様なのです。婚活で理想が高いのが度を過ぎると、はっきりとマイナスになります。いつまでも自分の理想に近い人が現れず、ずっと結婚できないままとなってしまいます。

婚活を本気でするなら理想を下げよう!

婚活を本気で考えているなら、高すぎる理想を維持せず、理想を下げるべきです。あまりにも高い理想に見合う男性はきっと生涯において出会える可能性がほとんどなく、また出会えたとしても順調に恋人になり、結婚できるかどうかは疑わしいからです。昔の小説などでは、青春時代に好きだった人をずっと思い続けて生きている様な人が書かれている事もあり、そういうのが理想が高い状態なのだと思いますが、当然結婚はできず思い出の中で生きていくより他になくなってしまいます。ですから婚活をするのであれば理想の男性ではなく、ちょっと気が合いそうとか安心できるとか、些細な事にほっとできる様な男性を見つけるべきなのです。

かといって誰でもいいというわけではありません!

だからといって、結婚は誰でもよいというわけでは当然ありません。結婚できればどんな人でもいいと投げやりになっている人も時折見かけますが、投げやりになると不思議と結婚できないのです。なぜなら、投げやりになると卑屈になってしまうので、どうしても男性優位の関係になってしまいます。そうなると男性は不思議と思い入れがなくなってしまい、軽い女と観られてしまうのです。
ですから、理想が高すぎるのはよくないのですが、かといって誰でもいいから結婚したいというのもよくありません。

ちょうど良い相手が一番いいです!

理想通りの相手というのも、よくよく考えると疲れてしまいます。ですから、気の休まる相手だけど、好きだし尊敬できる部分もある様な相手が見つかるのが一番いいと思います。そんな相手とすら中々出会わない!とお嘆きの方も多いと思いますが、ちょっと相手に気持ちを見せてみるだけで、簡単にお互いの胸の内を言い合える様な仲になれると思います。理想の高い人は総じて自分を作りすぎて素の自分が中々見せられないでいます。それによって相手との距離が遠ざかってしまい、中々仲良くなれないのかもしれません。