婚活をしていると、話や趣味の合う女性と必ず出会うようになります。その理由としては、なんと言っても相手の女性も「婚活」をしているからです。仲良くなると、次はデートですよね。デートがお互いに楽しいということになると、また次回逢いましょうという流れになるのは男女の間においては当然の流れです。仲良くなれば、相手に触れたいと言うのも、これは自然の流れですし、女性も触れてほしいと思うこともあります。

下心は仕方がない?

ただ、ここで難しいのは、婚活をしている男性の中でも真剣な人もいる一方で、女性に対して下心を持っている人も少なからずいますし、この下心については婚活を真剣にしている女性にとってはかなりマイナス要因でもあります。このあたりは難しいところですよね。特に乙女心としては、付き合っていても体を一切求めてくれない淡白な草食系男性だと、「私に興味や関心が無いのか」と残念で寂しい気持ちになります。ところが、逆にスキンシップやボディタッチが激しく、ガツガツとしつこかったりすぐ会おうとごり押しされる軽い男、肉食系男性が相手だと、遊ばれてる体目的かと不安になり、心配して気持ち悪いとも思ってしまうというものです。男性としては、アプローチが足りないと自分のことを女性として魅力を感じてくれなていないと思われますし、逆に積極的に行こうとすると、今度は自分の体が目的と思われてしまいます。このあたりは男性としても難しいところで、健康な男性は、好意を持っている女性に対して、ボディタッチをしたいと思うのは、「オス」として当然な行為であり、性的対象と認識することと恋心、好きという気持ちが別物というわけではなく、子孫繁栄のための欲求、願望なので否定はできません。

女性は下心を警戒する

下心に対する女性の気持ちとしてはどういう物があるのかというと、自分の体のことしか考えていないのかという思いを持ってしまうようで、そうすると、自分を低く見られているのかなという点で、自尊心を傷つけられてしまう人も少なくありません。ただ、女性の中では過剰に下心を嫌っている人もいるのが現実で、そういう人に対してはなかなかコンタクトも取りにくいですよね。実際にそういうタイプの女性は、過剰に男性を警戒しているので、婚期を逃している人もいます。

何れにせよ、男性の下心は女性から警戒されるので、人間関係が確実に出来上がるまでは、下心を抑えるという方が、婚活をスムーズに行くようにするということを考えると、賢明です。

下心を抑えるためには

それでは女性に対して好意を抱いて、デートなどで例えばエレベーターなどで二人っきりになると、なんとも言えない雰囲気になりますよね。そういうときには男性はどうしても女性に対して下心を持ってしまうというのは、「オス」として自然の流れです。でも、その下心が露骨になってしまうと、女性は嫌悪感を持ってしまいます。こういうときはどうしたらいいのでしょうか。

下心を抑えるためには、一つは自分を冷静に保つという意識を持つことです。つまり、もしここで下心で女性をいきなり抱きしめたり、あるいはキスをしてしまったりしたときに、どういう状況になるのかということイメージするくらいの心の余裕を持つように男性も意識するようにしましょう。例えば、そういう行為を女性にした場合に、ものすごく拒絶されたり、あるいは逆に叩かれてしまったりすると、思いっきり男を下げてしまいますよね。好意を頂いている女性からそのようなことをされてしまうと、こちらとしては思いを行動に表しただけなのに、激しく拒絶されると、相当大きな精神的なダメージを受けるはずです。そういう思いをしたいですか?ということを自問自答して見るようにしましょう。

ただ、下心は、男性としては当たり前の心理でもありますので、それを受け入れない女性とは本当に仲良くなれないという考え方もあり、そのあたりは臨機応変に使い分けるようにしましょう。